財政は複雑で簡単には理解できませんが、言ってみれば市民の家計簿ですから、大づかみにでも知っておく必要があると思います。市が提供している予算関連の情報はたくさんあり、読んでいるだけでは理解できないので、自分でデータを入れて表とグラフを作りながら考えていきます。以下データは「決算状況」(横須賀市HP)によります。


歳入を見る

0.歳入の体系


                                         
  歳  入     一般財源等     経常一般
財源等
    地方税     市民税     個人市民税     個人均等割  
  164,111,768     101,602,638     79,507,084     55,276,186     27,626,647     23,462,247     699,777  
                                         
                                      所得割  
                                      22,762,470  
                                         
                                法人市民税     法人均等割  
                                4,164,400     813,017  
                                         
                                      法人税割  
                                      3,351,383  
                                         
                          固定資産税              
                          22,868,226              
                                         
                          その他の市税              
                          4,781,313              
                          軽自動車税              
                    普通交付税     たばこ税              
                    12,294,837     特別土地保有税              
                                         
                    その他の
経常一般財源等
                   
                    11,936,061
                   
                    地方譲与税                    
              臨時一般
財源等
    利子割交付金
配当割交付金
                   
              22,095,554     株式等譲渡所得割交付金              
              都市計画税     地方消費税交付金              
        特定財源     特別交付税     ゴルフ場利用税交付金                 
        62,509,130     震災復興特別交付税    自動車取得税交付金                  
        国庫支出金     臨時財政対策債     自動車税環境性能                   
        県支出金     入湯税      地方特例交付金                  
        地方債     事業所税      交通安全対策特別交付金                                    
        分担金・負担金*     分担金・負担金*     国有提供交付金                     
        使用料*     使用料*     使用料*                    
        手数料*     手数料*                          
        財産収入*     財産収入*     財産収入*                    
        寄附金*     寄附金*                          
        繰入金*     繰入金*                  R2年度決算状況に基づき作成  
        繰越金*     繰越金*                  *は、一般・特定のどちらの財源ともなる  
        諸収入*     諸収入*     諸収入*                    
                                         



区 分 説 明
 一般財源 使途が特定されず、どの経費にも自由に充当できる収入。
 経常一般財源 使途が特定されない財源(一般財源)のうち、地方税、普通交付税などのように、毎年度連続して固定的に収入されるもの。
 特定財源 使途が特定されている収入。地方債や国・県支出金などがこれに該当する。


1.歳入の内訳


 歳入の内訳です。ここでは歳入を、市税・地方交付金・国庫支出金・市債・その他に分類しています。

              (億円)   
    歳入 市 税 地方交付税 国庫支出金 市 債 その他  
  H10 1346 681 117 120 99 329  
  H11 1459 688 143 169 102 357  
  H12 1424 680 139 122 96 387  
  H13 1408 698 133 130 111 336  
  H14 1395 675 131 119 179 291  
  H15 1346 643 126 123 125 329  
  H16 1369 663 111 126 132 337  
  H17 1386 631 81 122 170 382  
  H18 1306 645 112 113 101 335  
  H19 1321 664 63 114 147 333  
  H20 1322 676 97 132 95 322  
  H21 1391 636 122 192 135 306  
  H22 1420 651 100 217 116 336  
  H23 1424 627 131 204 149 313  
  H24 1401 620 134 201 157 289  
  H25 1408 607 135 200 158 308  
  H26 1450 608 135 215 171 321  
  H27 1444 612 130 223 152 327  
  H28 1478 605 120 223 130 400  
  H29 1468 620 123 227 158 340  
  H30 1536 601 111 246 205 373  
  R 1 1641 599 134 280 235 393  
  R 2 2032 593 135 723 159 422  
  R 3 1837 573 171 475 216 402  

   

メモ
  • 市税の減少は基本的に人口の減少に応じていると思われる。(平成10年度と令和元年度の市民税÷人口はおよそ60万円でほぼ同額である。)
  • 市税が減少する一方、国庫支出金が増加している。
  • 国庫支出金の増加は、国の委託事業が増え、市独自の事業が減っていることを表わしている。
  • 令和2年度の国庫支出金の急増は、コロナ対策と思われる。
  • 市債の増加については、建設事業が増えていることを表わしている。
  • 令和3年度は、新型コロナウイルスの影響で税収が落ち込むと見込まれたことから、地方交付税が増額されている。

地方債は原則として、公営企業(交通、ガス、水道など)の経費や建設事業費の財源を調達する場合等、地方財政法第5条各号に掲げる場合においてのみ発行できることとなっています。(財務省HP)

2.市税の内訳


 歳入の主軸である市税の内訳です。ここでは市税を、市民税個人分・市民税法人分・固定資産税・その他に分類しています。

             (億円)  
    市 税 市民税個人分 市民税法人分 固定資産税 その他  
  H10 681 256 39 270 116  
  H11 688 248 41 284 115  
  H12 680 234 55 275 116  
  H13 698 227 79 282 110  
  H14 675 224 57 280 114  
  H15 643 212 55 269 107  
  H16 663 203 86 269 105  
  H17 631 206 55 267 103  
  H18 645 224 73 250 98  
  H19 664 268 48 250 98  
  H20 676 269 63 248 96  
  H21 636 243 50 245 98  
  H22 651 262 49 246 94  
  H23 627 235 50 243 99  
  H24 620 241 52 232 95  
  H25 607 238 38 232 99  
  H26 608 234 44 233 97  
  H27 612 232 53 231 96  
  H28 605 233 42 233 97  
  H29 620 233 57 234 96  
  H30 601 237 42 228 94  
  R 1 599 235 41 229 93  
  R 2 593 234 35 231 93  
  R 3 573 230 24 226 93  
               




 

メモ
  • 固定資産税がゆるやかに減少傾向。
  • 固定資産税の減少は、地価の下落や設備投資の減少の影響によると考えられる。
  • 市民税個人分が平成17年度から19年度にかけて増加したのは、税制改正により国から自治体へ税源移譲された結果。純粋に増えたとは言い切れない。
  • 平成24年度の増加も、税制改正(年少扶養控除の廃止)による。
  • 市民税法人分は、平成29年度以降の減少傾向。
  • 市内の会社法人事業所数は、平成26年の7,150から平成28年には6,833に減少している。
  • 同じく従業員数は、88,719人から85,091人に減少している。
  • 減少率では、情報通信業が目立つが、実数で見ると建設業や卸売・小売業が目立つ。これらは、人口減少によるものと思われる。

法人市民税には、国税である法人税の額と資本金等の額に応じて負担する法人税割と、資本金等の額と市内の従業員数に応じて負担する均等割があります。(横須賀市HP)


3.歳入総額に占める市税・地方交付税の構成比率

 市税と並んで一般財源(使途が特定されていない税収入)を構成する税として、地方交付税があります。ここでは、歳入総額に占める市税と地方交付金の構成比をみてみます。


         
    市 税 地方交付税  
  H10 50.6% 8.7%  
  H11 47.2% 9.8%  
  H12 47.8% 9.8%  
  H13 49.6% 9.4%  
  H14 48.4% 9.4%  
  H15 47.8% 9.4%  
  H16 48.4% 8.1%  
  H17 45.5% 5.8%  
  H18 49.4% 8.6%  
  H19 50.3% 4.8%  
  H20 51.2% 7.3%  
  H21 45.8% 8.6%  
  H22 45.8% 7.2%  
  H23 44.0% 9.2%  
  H24 44.3% 9.6%  
  H25 43.1% 9.6%  
  H26 41.9% 9.3%  
  H27 42.4% 9.0%  
  H28 40.9% 8.1%  
  H29 42.2% 8.4%  
  H30 39.2% 7.2%  
  R 1 36.5% 8.1%  
  R 2 29.2% 6.6%  
  R 3 31.2% 9.3%  
         



メモ

  • 地方交付税は、市民税や固定資産税などの地方税と地方譲与税などの収入額(財政基準収入額)と、自治体が妥当な水準で運営されるために必要であると国が算定する財源額(基準財政需要額)の差が、財政不足額として自治体に交付されるもの。
  • よって、税収入が増加すれば地方交付税は減少し、税収入が減少すれば地方交付税が増加するという関係になるはずだが、実際にはそうなっていない。
  • 市税の構成比合計は、H10で約50.6%、R1で約36.5%と10ポイント以上大幅に減少しているが、地方交付金はH10年より減少している。
  • その分、国庫支出金と市債が増えているのは、「1.歳入の内訳」でみたとおり。
  • 一般財源の中心となるこの二つの税収の割合が、大きな減少傾向にある。



4.基準財政収入額・需要額


 次に、地方交付税の算定根拠となる基準財政収入額と基準財政需要額についてみてみます。

         (億円)  
    基準財政需要額 基準財政収入額 差額  
  H10 650 546 104  
  H11 665 533 132  
  H12 669 542 127  
  H13 682 560 122  
  H14 660 539 121  
  H15 626 588 38  
  H16 616 515 101  
  H17 617 546 71  
  H18 624 523 101  
  H19 616 561 55  
  H20 622 535 87  
  H21 604 493 111  
  H22 616 527 89  
  H23 613 494 119  
  H24 606 482 124  
  H25 604 482 122  
  H26 599 474 125  
  H27 609 490 119  
  H28 615 504 111  
  H29 610 497 113  
  H30 617 515 102  
  R 1 623 499 124  
  R 2 644 518 126  
  R 3 658 498 160  
           




メモ
  • 財政力指数1以上が不交付団体であるということは、指数1が自治体の財政として適正であると仮定できる。
  • しかし実際には、自治体が置かれているの様々な条件により、格差が生じてしまう。そこでこの格差を是正するのが、この地方交付金である。
  • すなわち、基準財政需要額と基準財政収入額に差額が生じるのは、自治体に責任があるということではない。
  • 適正な格差是正を実現するためには、国における基準財政需要額と基準財政収入額の算定方法がどれだけ現実を適正に反映しているかどうかが鍵になると思われる。



4-1.基準財政需要額


 基準財政需要額は、「各地方団体ごとの標準的な水準における行政を行うために必要となる一般財源を算定するもの」とされています。具体的には次のような項目に対し費用が積算され算出されています。

  • 人口に応じた消防費
  • 面積や長さに応じた道路や橋の費用
  • 港湾や漁港の延長にかかる費用
  • 人口や面積に応じた公園費費
  • 人口に応じた下水道や土木費
  • 児童生徒数や学級数、学校数に応じた学校費
  • 市部人口に応じた生活保護費
  • 人口に応じた社会福祉や保健衛生費
  • 高齢者人口に応じた高齢者保健福祉費
  • 人口に応じた清掃費
  • 農家数に応じた農業行政費
  • 林業と水産業の従事者に応じた林野水産行政費
  • 人口に応じた商工行政費
  • 世帯数、戸籍数、人口、面積に応じた総務費
  • 人口に応じた経済・雇用対策費等


 算出の式は、「単位費用×測定単位×補正係数」となっています。

 例えば、教育費の小学校費における教材費を例にとると、単位費用が2,878千円、測定費用は19学級規模となっています。ですから、横須賀市にある小学校46校が仮に全て18学級だとすると、2,878千円×46の額が需用費となります。このように、一つ一つ測定された需要額が積算されて基準財政需要額が算出されます。

 なお、補正係数というのは自然的・社会的条件の違いを反映させるために乗じる率ということで、たくさんの係数の種類があります。わかりやすいところでいうと、寒冷補正があります。寒い所では暖房費がかかるので小中学校費が補正される、といったところです。


4-2.基準財政収入額

            (千円)  
  標準的な地方税収入 56,284,741  
    法定普通税   市民税   26,864,937  
    固定資産税   23,062,073  
    軽自動車税   577,260  
    市たばこ消費税   2,593,845  
  税交付金   利子割交付金   33,984  
    配当割交付金   286,784  
    株式等譲渡所得割交付金   338,437  
    法人事業税交付金   412,514  
    ゴルフ場利用税交付金   16,438  
    軽油・自動車税交付金    195  
    自動車税環境性能割交付金   122,018  
  その他   地方特例交付金   411,841  
  目的税   事業所税*   1,564,415  
   標準的な地方税収入×75% 42,213,556  
   地方消費税交付金 8,141,142  
   地方贈与税  723,262  
   交通安全交付金 51,497  
   合 計 51,129,457  
   基準財政収入額(実際) 51,825,666  
             *事業所税のみ予算額  


 基準財政収入額の根拠とされている税収入の合計(令和2年度決算額で算出)を計算してみました。実際はもう少し複雑な計算*なので、合計額は正確なものではありませんが、こんな感じで算出されている、という概略はつかめるかと思います。

*例えば、この表で市民税の欄に個人分法人分の全額を入れていますが、本当は「法定普通税及び事業所税収入見込額(税源移譲相当額(個人住民税を除く))」となっています。



5.財政力指数


     (億円)    
    普通交付税 財政力指数  
  H10 103 0.876  
  H11 132 0.835  
  H12 127 0.817  
  H13 122 0.810  
  H14 120 0.816  
  H15 117 0.816  
  H16 102 0.821  
  H17 72 0.844  
  H18 101 0.853  
  H19 53 0.878  
  H20 87 0.870  
  H21 111 0.844  
  H22 89 0.876  
  H23 120 0.826  
  H24 124 0.806  
  H25 124 0.800  
  H26 125 0.800  
  H27 119 0.800  
  H28 110 0.805  
  H29 113 0.813  
  H30 102 0.823  
  R 1 123 0.817  
  R 2 125 0.814  
  R 3 160 .0778  
         




 以上のようなシステムで地方交付税が交付されますが、各自治体における財政基準収入額と財政基準需要額の差、すなわち自前でどれだけ歳入を調達できているかを指数で表したものに、財政力指数があります。

 財政力指数は3年間の平均で出します。算式は、3年間の「基準財政収入額÷基準財政需要額」を足して3で割ります。この数値が大きい程財政力が強いとみなされます。

 地方交付税が交付される自治体は、財政基準収入額が財政基準需要額に満たない自治体です。これを指数で表すと、指数が1に満たない自治体が交付団体ということになります。指数が0に向かって弱くなり、1に向かって強くなる、ということです。

メモ
  • 県内市町村では、川崎市・鎌倉市・藤沢市・厚木市・海老名市・寒川町・箱根町。(令和4年)
  • 平成10年度以降の横須賀市では、平成19年度の0.878が最高。


参考文献
・横須賀市財政基本計画
・市町村財政分析(自治体研究社)
・令和3年度決算における財政指標(横須賀市HP)
データ
・決算状況(横須賀市HP)
・横須賀市統計書(横須賀市HP)

国庫支出金(国庫負担金)

国庫負担金の詳細がわかりますLinkIcon

国庫支出金(国庫補助金)

国庫補助金の詳細がわかりますLinkIcon

国庫支出金(委託金)

委託金の詳細がわかりますLinkIcon

県支出金(県負担金)

県負担金の詳細がわかりますLinkIcon

県支出金(県補助金)

県補助金の詳細がわかりますLinkIcon

県支出金(委託金)

委託金の詳細がわかりますLinkIcon